孤立コワイ

日々、自分の行動を省みるためにブログ書いております(n*´ω`*n)

相変わらず、人の言動に振り回さることが多いです。
孤立してしまうことへの不安が強く、職場で周囲の人が仲良くしている場面で、自分だけが1人だとなんだかソワソワします。
1人が好きな癖に。

1人が好きだけど独りは嫌い、という言葉を生み出した人は表現の天才だと思う。

寂しいなあ、と思ったり。
私のこと嫌いなのかな、とうじうじしたり。
いいなあ、みんなは仲良くできる人がいて、と思ったりします。
自分にも仲良くしてくれる人、職場にいるんですけどね。
周りはみんな凄くて自分だけが孤独だ、みたいな感情に囚われて凄くブルーになります。

なんとかフラットな状態に精神を戻したい!と思うのですが
そんな簡単に戻ったら苦労せんがな、というところですね。

で、考えてみました。
「そもそも、なんでそんなに気になるんだろう」と。
今はまだその理由はわからないし、結論も全く出ていませんが。
過去に孤立して辛かった日々を思い出して、その時の感情を繰り返しているかな?と思っています。
そして、そう言えばあの頃辛かったわ。よく頑張ってたな、、自分、、と励ますことにしています!
自分、頑張ってたな、とちょっとほっこりです。

ミスが怖すぎ

HSPあるあるで
ミスって怒られると地の果てまで凹み
恐怖心から更なるミスを誘発ループの話を見ます。
あるある
あるよねー

ミスって指摘されると、凹むし悔しいです。
凄い傲慢な言い方ですが
私、きちんと出来るはずなのになんでミスをするんだ、と悔しい。
自分は失敗しないとでも思ってるんでしょうかね!!
些細なミスとか何故か凄く悔しいです。

そして悲しい。
冷たい言い方で指摘された日にゃ、仕事中でもハンカチを手にこっそり泣くレベル。
最近はマスクのお陰で泣いててもバレないです。
でも、実は気づいて欲しい気持ちも。

最近になってHSPや気質を知って
なんでそんなに自分のミスが悔しいんだろう。
なんで私はこんなに完璧に拘るんだろう、と考え
るようになりました。
完璧じゃなうとなんでダメなんだろう、って。

そこには、完璧じゃない自分は無価値だって考えが潜んでいるようなんですけど。。
けど!!!
わかったからといってもなかなか抜け出せない今日この頃。

でも。
なんで完璧じゃなきゃダメなの?と自分に問うことで、そう言えばなんでだろう、とふと冷静になれるようになった気がします。

自分を責めてしまう時。
なんで辛いんだろう、よりも
なんで私はこんなに自分の○○なところを許せないんだろう、と思うことは
自分を見詰める第1歩かな、と感じる今日この頃です。

いろいろこじらせてる話

HSPさんはいろいろこじらせてる方が多いと聞きました!
自分のことだ!

わかりやすいこじらせとして
人から冷たくされると、自分、なんかしたんちゃう、、、と思って凄い落ち着かなくなります。
内心「いやいや、ただ眠いだけかもしれないじゃん」と思っているのですが
どうしても相手の機嫌を「取らないといけない」気になってしまいます。

そこで「今日元気ないですね」とか言うのではなく
こんな面白いことが昨日あって、などと話しかけて楽しませようとしたり、
あえてピエロキャラになって、相手の機嫌がよくなるのを待ってみたり。。
ちなみに、別に相手は別に「機嫌が悪いのかどうか」もわからないです。

ただ、「返事が冷たかった」だけなのに、なんでここまでしてしまうん?
と思うのですが、どうにも止められない。

こういうの「あるある!!」と思う人はたくさんいるはず!なのですが、私の職場にはあんまり。。
あれあれ、みんなあんまり気にしてないのか…?と不安になる日々を送っています。

このからくりはどうも、過去にトラウマになるようなことがあって
自分の価値を信じられなかったり、自分はダメな奴なんだから、、という思い込みによってこんな態度を取っているとか。

今はまだまだですが、このこじらせと向き合っていきたい!
と思っているだけなんですけどね。。
気持ちだけ…気持ちだけ!

孤独感と私

人といてもいなくても、なんだか苦しくなったり不安になったりすることの多い人種です。

本日は自分の感じる孤独感についてちょっとだけ。

孤独感をしょっちゅう感じます。
1人でいても家にいても職場にいても。
誰かと話していると安らぐこともあるけれど、ほぼ感じています。

これについてですが、私は「理由」があるから孤独を感じている。
そういう風に思っていました。

明日会社行きたくない。
同僚と会いたくない。
外に出たくないetc。
大体にして引きこもりテイストで繊細?な自分にとってはネガティブなことが多いわけで。
でも家にいてひきこもっていてもさみすい。
どうにかしなきゃ、と思って現実逃避をしてみるけれど根本的に解決していないことは自分が一番気が付いている。

でも、どうやらこういうのって「思考の癖」や「認知の歪み」というのと絡んでいるようで。
私はモヤモヤした時、何かしらの結論や理由をつけたがる気質のようです。
〇〇があるから孤独感を感じる。じゃあ、それを癒すために〇〇をしよう、が大体のパターン。

でもそうじゃないみたいです。
理由はよくわかんないけど、寂しいもんは寂しい。孤独感を感じるもんは感じる。
実際に自分が孤独かどうかはともかく、そういう風に感じる。
そういうものみたいです。

あるものをただ感じる。。。
ということをやると消化できるらしい、のですが!?
やってみてますが、なかなか消化デキマセーン(〃´∪`〃)ゞ

そんなわけで相変わらずの孤独感とべったりで心はしんどいんですが、理由をつけたり結論をつけようとするのはやめてもいいものかも。

HSP、HSS型?

お久しぶりです。

HSPという言葉を皆様ご存知でしょうか。
感受性が強く繊細な気質を持った人をそう呼ぶらしいですね。
アメリカの学者さんが名付けたとか。
心理学やセラピーにおいて、日本はまだまだ後進国ですから、ネット万歳、と本当に思います。

実は数年前から自分にもその気質がちょっとあるな、と思っていました。
傷つきやすく、周りの影響を受けやすいところ。
攻撃的な人の些細な言葉や口調に敏感に反応してしまうこと。
が、しかし。
確かに自分には繊細なところがあると思う一方で、気の強い部分や外交的な部分もある。
エンパス(共感力)もそんなにあると思えないし。
ホラーは苦手だけど、サスペンス好きだし。
龍が如くめちゃ好きだし。
暴力的な映像を避けるはずのHSP龍が如くは合わないじゃないか、と。
大好きなんです、龍が如く

話が逸れましたが。
そういう訳でそういう気配はあるが、違うなって思ってたんですが。
HSPにもHSS型という、繊細なのに刺激も欲しいという難解な気質があるじゃないですか。読めば読むほど自分じゃないか、と。

そういえば、時計のチクタク音が気になって眠れないこともあった。
飽きっぽいし、服は肌触りで選ぶし。
後、めちゃめちゃ寝るし。
寒さに弱くて布団に包まってる時が幸せとか。
変なとこで集中力発揮するけど飽きっぽいし。
え、これが?と思うところが良く当てはまりました。

そんな訳で、HSPでHSSっぽい。
けど、そうじゃない部分もあるみたい。
といった感じで、自分のことをダラダラ書き連ねるブログを再開しました。
どうぞよろしく。

同じ気質を持つ人と語らいたいです。

頑張る という言葉と意味

頑張る、という言葉がどうも苦手です。

何故苦手なのか、漠然としかわかりませんが「嫌なことをしなければならない」イメージがあるからというのと
自信がなく、ぐだぐだしている自分にとって「勇気を出して飛び込むことが頑張ること」と感じているからだと思っています。

そこで「頑張る」ということを別の角度から眺めて見ました。
自分が「頑張ろう」と思う時、そこには「誰かに褒められたい」や「報酬」が付きまとうことが多いです。
しかし、なかなか褒められたリ認められたリすることって少ないです。
頑張ったからといって報われるわけでもない。
人に親切にしたからといって返礼があるわけでもなく。
というように、頑張りに対して見返りを求めている気がします。

更に言うと、私は自分が「頑張った」ことを認められません。
過去にすっごい辛い思いをして山に登ったことがあるんですが、全く達成感がなかったんですよね。
単純に登山が自分にあってなかった可能性もありますが、個人的には「頑張ってる」ことを自分で認められない。だから頑張っても達成感が得られないのだと思っています。

思えば、昔からいい成績をとったって褒められたことはなかった。
自分の意見を口にしても先生や周りの大人は取り合ってはくれなかった。
そんな過去が、頑張ったって意味ないよ と言っているのかもしれません。

しかし、そうではないようです。
自分自身を振り返った時、ほんうにそこに頑張りはなかったかときちんと考えてみると、そんなことないと思います。
辛い思いをしながら休まずに学校に行った事実、それは頑張ってないと言えるのか、そうじゃない。
学校に行くことは当たり前じゃないのです。
辛い思いをしながら行った事実は、頑張ったね、と言える事実なのです。
そうやって自分がやってきたことを振り返っているうちに、めちゃ泣けてきました。

頑張って学校に行った結果、何かいいことがあったかといえば、そうではないかもしれない。
けれど「頑張った」という事実と「結果が悪かった」ことは別物なのです。
頑張って何になるんだ?というと、自分が「頑張った」ことは自分を育むことに繋がるわけなのです。
誰かのためじゃない。
自分が自分であるために、辛い中ただ生きてることが既に頑張ってること。

そういうことを「きれいごとだ!!」ってうやむやにするのではなく、頑張ったんだな、って認められるようになったら楽になれるんじゃないかな、と思ったりしました。
ちなみに「きれいごとじゃん!」と激しく思うのは、自分を「ダメなやつ」にしておかなきゃいけない理由があるからだと思います。多分。

落ち込んだ時の自分

よく、落ち込んだり気分が沈む日があると
「こんな日もあるさ」というような言葉を聞きますが
デフォルトが落ち込んでる状態なので「いつもじゃ!」と思う自分です。

そんな自分にもいっちょ前に理由なく沈む日があります。
多分、バイオリズム的なあれだったり体てきなことだったりするのだと思います。

そして落ち込んでいる時に、物凄い些細な辛いことが起きた時、その出来事に執着している自分に気が付きましたので
そのことについて書いてみます。

先日、気分が物凄いモヤモヤしていた時に、職場の人の態度がちょっと冷たかったことがありました。
ほんとうにちょっとです。 いつもにこやかに挨拶する人がフツーだっただけです。
ちょっと冷たかったと書きましたが、冷たくされたのではないです。
その人のことが気になって気になって仕方がありませんでした。

普段からネガティブモードな自分ですが、ネガティブが平常運転ならヤバイくらいネガティブな状態まで落ちた感じになっていました。
こういう時、人を恨んだりねたんだり、ああ、自分ってなんて心が狭いんだろう。
と、過去にあった辛いことまで引っ張り出して自分の情けなさや過去にやらかした失敗を持ち出して落ち込みます。
学生時代に友達にめっちゃ上から目線で上から説教した黒歴史とか。あああ、思い出したくない。

そうやって落ち込んでいる内に気が付いたのです。
意識を人に向けている場合ではない、と。
こういう時こそ、自分がいかに辛い中で頑張っているのかを思う時なのではないか、と。
ふと気が付いて自分の気持ちや意識に目を向けると少しだけ楽になるんじゃないかという気づきでした。

体調の回復と共にヤバイモード→いつものネガティブ くらいに戻りました。
でも、自分の頑張りとか辛さを認めるのが一番難しいんですよね。